*

数値が気になる中性脂肪と脂肪肝 その原因と効果のあるサプリメントとは

   

健康診断で、中性脂肪の数値が気になる方が多くいらっしゃいます。

それは炭水化物、砂糖などの糖質、動物性脂肪を摂り過ぎることで、肝臓で中性脂肪がつくられ蓄積されることが主な原因です。

血液中の中性脂肪やコレステロールが増えることで、動脈硬化が引き起こされ、心筋梗塞脳卒中のリスクが高くなります。

また肝臓の中の肝細胞の30%以上に脂肪が蓄積している状態を脂肪肝といい、その主な原因は肥満、アルコール、糖尿病などがあります。

脂肪肝は自覚症状があまりなく、健康診断で肝臓の数値が気になることから、偶然発見されることがあります。

脂肪肝は悪化すると食欲がなくなったり、疲労感を感じるなどの自覚症状が出ます。

また更にひどくなるとまれに肝硬変に移行することがあります。

中性脂肪を減らすことで脂肪肝を改善することにつながります。

肝機能を改善するためにできること

これらを改善する方法として、食生活、適度な運動があります。

またお酒の飲み過ぎに気をつけること。

そして、肝臓の働きを良くする効果のあるオルニチンタウリンなどのサプリメントで、改善が期待できます。

オルニチンはアンモニアの解毒を促進し、タウリンは肝細胞の再生と胆汁酸の分泌を促します。

それ以外にもビタミン、ミネラル、クエン酸なども改善に効果があります。これらを普段の食事で摂取することが大切です。

オルニチンはしじみに多く含まれ、タウリンは牡蠣やイカに多く含まれています。

これらは食事として摂取することが難しいことがあり、サプリメントを上手に活用することをお勧めします。

http://xn--vck8crc071tooqbs1bucax8a.net/が参考になりました。

 - ブログ